失敗しない外壁塗装 | 外壁塗装・お住まいの塗り替えはニッケン(日建住装工業)へ【埼玉県・東京都・栃木県・茨城県全域対応可】お近くの店舗より真心込めてスピーディーに対応いたします。

失敗しない外壁塗装

大切なお住まいの塗り替え、しかも塗装工事は毎年やるものでもございません。
また、塗装工事は家電製品などにくらべると、決して安くはありません。工事費用が無駄となってしまわないよう、ひとりでも多くの方が後悔することがないよう、塗装専門店のニッケンが塗装工事のポイントをまとめてみました。
塗装工事をご検討されたときにお役立ちいただければと思います。

塗り替えが必要な理由

塗装が守る、大切なお住まい

img_anshin01外壁の塗料は大切なお住まいを守っています。雨風や紫外線などの外敵からお住まいを守ってくれているのは、
じつは、外壁の塗料(ペンキ)です。

塗料の膜が、最前線で雨や紫外線から大切なお住まいを守っています。
外壁の塗装年数の経過とともに、塗膜は劣化しています。
塗膜が傷ついたり剥がれると、外壁に雨が染むなどダメージを与えてしまいます。
塗膜が健全な状態であれば、お住まいの柱など重要な構造部分や外壁を外敵から守ることができ、建物を長持ちさせることができます。

外壁塗装のタイミング

塗り替える必要がない場合もあります。

塗装(塗膜)の役割を維持できる年数を【10年前後】とする塗料が比較的多く流通していることもあり、 一般的に「外壁や屋根を10年前後」、「木部や鉄部は3~5年」がひとつの目安とされています。

実際のところは、環境や立地条件によって左右されます。

塗料が剥がれて塗膜がない状態でも、塗り替える必要がない場合もあります。
例えば、3年後にお住まいの建て替えが決まっている場合は、3年持ちこたえれば余計な出費をしてまで塗り替える必要はございません。
また、15年経過した塗装でも、劣化していなければ特に塗り直す必要はありません。

「うちは本当に塗り替えが必要なのか?」
「そろそろ塗り替えかな?」

そう思われたとき、信頼できる人に診断してもらうことが重要になります。

次のコンテンツ「塗装業者の選び方」へic_next
ページ上部へ戻る